初心者必見!質屋を装った悪徳業者にご注意を!

優良な質屋が数多くありますが、中には、絶対関わってはいけない違法な質屋も存在しています。

とくに、お金に困っている人、質利用が初めての人は狙われやすいため、注意しましょう。

ここでは、よくある違法事業者について解説します。

まずは執拗な督促をしてくる業者。

質屋とはそもそも、返済日を知らせたり、過ぎたら督促するというようなシステムは一切ありません。

むしろ何も連絡がないため、自分で流質期限を把握し、返済や延長を判断しなければいけません。

そのため、返済日が過ぎたから高額な利息を払うよう言ってきたり、お金を払うまで何度も連絡をしてくるような業者は違法業者と判断できます。

また、本人確認書類を省略する業者もNG。

質屋とは質屋営業法および、古物営業法に基づいて営業しており、これらの法律では、質取引において本人確認を実施することを定めています。

本人確認に使用できる書類は、自動車運転免許証や健康保険証、写真入り住民基本台帳カードなどです。

これらの書類の提出を求めず、品物を出すよう求める業者は悪質です。

他には、クレジットカードの現金化を求める業者もアウト。

業者で販売する品物をクレジットカードを使って購入させ、その品物を質草として受け入れ低額融資を行い、後日利用者にクレジットカード代金を支払わせる手口です。

このような行為をすると、利用者はカード契約違反となってカード利用停止となります。

他にも、さまざまな手口を使って騙してくる悪徳業者は存在します。

十分に注意し、信頼のおける質屋を利用するようにしましょう。